ね太郎のFrog 通勤生活

折畳み自転車「BD-Frog」での電車、輪行通勤を始めた中年男性の悪戦苦闘の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアキャリアのキズ対策

昨年、壊れて買い換えたリアキャリアなのですが、掃除をしていたら横の固定バーの部分に結構大きなキズがついている事に気がつきました。
080210 005

080210.jpg
どうやら折畳んだ時に接触してキズがつくようなのですが、このままキズが進行するとまたキャリアがダメになるかもって事で補強することにしました。

080210 003
取り付けたのは直径10ミリ、内径7ミリのウレタンのチューブを被せてみました。
そのままでは両端のネジ止め部が広くて入らないので御魚を捌くようにチューブを切り開いて被せました。
このホース実は会社で廃棄になっていたエアーホースを持って帰ってきたのですがピッタリでした。
厚みも2ミリほどありますし、もし痛んでも被せてあるだけなので交換すれば良いですね。

                               にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

LEDライトその後

LEDライト「G2L-BK」を使い始めて暫く経ちました。
明るさについては、たいへん満足できる状態で、ハンドルへのライトの固定も変更後は問題ありません。

しかし、電池の持ちが思っていたよりも悪いのですよ。
リチウム電池(CR123A)の場合は、7~8時間位は大丈夫なんですけど
WAMA社のRCR123Aリチウムイオン充電池の方の持ちがたいへん悪いのです。

大体2時間位で消えてしまうのです。
徐々に暗くなるのでは無く、一定の明るさを保ったままプチッと切れてしまうのです。

商品説明にある以下の内容

充電池に保護回路が内蔵されおり、完全放電と過負荷を防止します。
このリチウムイオン充電池は、ナマセル※1では無く、保護回路(プロテクション)と電圧安定回路を内蔵しています。保護回路により過放電を防止することと、電圧安定回路で供給電圧を3V※2に降圧させて普通の充電池と同等な使用が可能です。


この機能が働いてしまうようです。

色々調べていますと、電池の内部のかなりの部分を、この保護回路が占めているようで、当然そうなると肝心の電池の部分は小さくなるのは必然です。

まぁでも二時間もてば、二日に一回充電すれば良いので良しとしますか。

でも突然消えてしまうのは困ります。

対策としては、
予備の充電池を携帯しておき、消えたらその場で電池を交換する。
もしくは、もう一本、LEDライトを買って、消えたらライトごと交換する。
この位でしょうか?

とりあえず、予備の充電池をバッグに入れておくとして、やっぱりもう一本LEDライトを買って持つことにしたいなと考えています。

それにしてもLEDライトを色々調べていて気がついたのですが、LEDライトを沢山買っているコレクター?が結構多い事に気がつきました。

私も調べている間に、アレもこれも欲しくなってきまして物欲と闘っていますが、予算の都合がつけば、何本も買ってしまいそうです。

LEDライトについては、今後もボチボチ、ブログに書いていこうと思います。

                にほんブログ村 自転車ブログへ

BARBIERI Tornadoトルネード(チェーンクリーナー)を使ってみた

チェーンクリーナーは以前、CM-5 サイクロン(チェーンクリーナー)購入して使っていた。

20070617180125.jpg
CM-5 サイクロン(チェーンクリーナー)

結構、チェーンは綺麗になるし匂いも柑橘系で気にいっているのだが、清掃時にかなりオイルが零れるので室内では作業できない。

今の季節、しかも最近は冷え込みも激しく軟弱な私は外で作業する気がおこらずチェーンの掃除も怠り気味になっていました。

そんな時、なにげに自転車関係のHPを見ていて見つけたが
080203 001
BARBIERI Tornadoトルネード

これまでのチェーンクリーナーのように、洗油を入れたりする手間は不要。クリーナーと潤滑剤が一体化されたスプレー(リンスインシャンプーみたいな物です)で、クリーニング後の注油も不要です。



なんだか簡単そうなので、ためして見たくなったのです。
080203 002

スプレーのボタンを押しながら、ペダルをゆっくりと回転させます。ボタンを離して、さらに数十秒間ペダルを回します。
これだけでOK!
ゴム製のスクレパーチェーンのプレートの汚れをこそぎ落として、
上下の回転ブラシがプレートとローラーのすき間をクリーニングします。


若干ペダルを回す時には、ペダルとスプレー缶が接触ギリギリで回しにくいものの「CM-5 サイクロン」のようにオイルが漏れる事はありません。

080203 003
清掃後に外したところ。
080203 004
上の部分が簡単に外れるので、掃除もやり易いですね。

ディグリーザーとブラシでゴシゴシやる程、綺麗にはなりませんが、無精者の私には簡単にできる事の方が重要です。

寒い間は「トルネード」で!暖かくなったら外で「CM-5 サイクロン」を使ってチェーンの掃除をしようと思います。

                     にほんブログ村 自転車ブログへ

革サドル BROOKS Swift 装着完了

昨日、革サドルを装着して初の通勤に出発しました。
080202 002


しかし、朝からどんより雲で今ひとつの天気、まぁ回復傾向って事で大丈夫と判断して出発したものの、なんと雪が降ってきてしまいました。
早速サドルカバーの出番です。
080202 004


座ってみた感じは、思ったほど、痛くは無さそうです。
ただ、どっしり座ろうとするには不向きですね。なんて言うか骨盤を乗せるような感じでハンドル側の腕とサドル側のお尻のバランスをうまくとってやると、走りやすいようです。
以前のサドルより細めの為かペダルを漕ぐ時にサドルが邪魔になりません。

これならお尻にサドルが馴染むまで頑張って乗れそうです。

しかし最近天気が悪くて中々自転車に乗れないですね。

早く、良い天気になって毎日自転車に乗りたいです。

        にほんブログ村 自転車ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。